ブログランキング・にほんブログ村へ
Img_5772fd55ce18b8b0204f35cac4c13b96
前回に引き続き、リトルフォレスト再現レシピです。
映画では、チャパティを作った後に余った生地で、翌日「はっと汁」を
つくろう・・と主人公が思ったところでこの回のお話が終わっています。
「はっと汁」とはいわゆるすいとん汁の事で、宮城県の北部から岩手県の
一関・奥州市地方に伝わる郷土料理です。小麦粉を水でこねて寝かせた
生地(はっと)を、人参里芋大根などの野菜と鶏肉で作った醤油味の汁に
ちぎって入れて、すいとんのようにして食べるのです。リトルフォレストの
ロケは岩手県奥州市の大森という地区で撮影されています。(映画の中では
東北のとある村、架空の小森という集落という事になっています)
実はこの舞台となった奥州市、私の母の実家のわりと近くでもあるのです。
車で30分ぐらいかな。同じ奥州市でもあります。
この映画をはじめてみた時に、最初はなんの事前情報もなしに見始めたので
東北のどこかはわからないまま見ていたのですが、「はっと汁」が出てきた
場面でああ岩手県かもしれない、と思ったのでした。母がよく作ってくれて
いたので。私の母は、東北地方に広く伝わる「芋の子汁※芋煮ともいう」
に、時々「はっと」を入れてました。とろ〜っとねろ〜んと柔らかい里芋が
入った芋の子汁は私も大好物なので、再現してみました。映画のように
チャパティの残った生地をちぎった「はっと」を入れて、はっと汁にして。
食べた感想・・。うん、「はっと」はやっぱり普通の小麦粉で作った方が
つるんとして美味しいです。全粒粉でつくったのはヘルシーでそれはそれで
いいんですけどね。そして、この汁で本当に大事なのは里芋だと思います。
今回の里芋はスーパーで買ったものですが、完全にハズレでした・・(T_T)
里芋って、美味しいものとそうでないものの差が激しいですよね・・・。
今回の少しのぬめりもない、ショリショリした里芋がちょっと残念でしたが
里芋の旬である秋でもないし、仕方ないか。秋になって、肌寒くなって
暖かい汁物が食べたくなった頃、美味しい里芋でまた作ります。はっと汁。

Img_02d4f9074fa6252f5a67c34c5d6a966d
※左のペチャンコなナンみたいなのがチャパティです。
映画の食べ物再現、第二弾。好きすぎて何度も繰り返してみてしまう映画
「リトルフォレスト」は、東北のとある村で街から出戻ってきた主人公が
農業と料理を繰り返す。言って見れば「作って食べて」を延々と撮り続けた
人によっては退屈すぎて寝てしまうような、そんなスローテンポな映画。
この映画を見ると、何かを作らずにはいられない衝動にかられるので
今回は映画の「冬・春編」に出てきた、インドカレーとチャパティを再現。
チャパティとは、主に南インドで食べられる、アターと呼ばれる全粒粉を
水でこねて寝かせた生地を、発酵させずに直火で焼いたものです。
インドの家庭ではナンよりチャパティの方が一般的だそうで。
YouTubeなどでチャパティ作りを見る事が出来るのですが、直火で焼くと
ぷわ〜っと本当に風船の様に膨らむのです。これがやりたくてやりたくて。
札幌の街中で小麦など専門的に売っているお店でもアターが売っていたけど
ちょっと量が多いので躊躇していると、ちょうどその横に道産はるゆたか
を使った全粒粉が100gの袋で売っていたので、そちらを使う事にしました。
残念ながら、映画のような「風船のようにぷわ〜っ」とは膨らまなくて
ちょっとがっかりでしたが、まあまあの「ぷわ」ぐらいは楽しめました。
そして「スパイスたっぷりのインド風チキンカレー」。これは映画では
レシピが描かれてないので、ネットで美味しそうなレシピを色々検索して
作ってみました。カレーの味は・・・ん〜まあ不味くはないんだけれど
ちょっとトマトの酸味が強すぎたかな?な出来。そして私は普段、インド
カレーが食べたくなったら、インド人が作っている有名なカレー屋さんで
テイクアウトをして食べているので、どうしてもそれと比べてしまって。
これを言ったら元も子もないけれど、インドカレーはインド人が作ったの
のが一番美味しいかなw というオチで、この映画の再現レシピ、続きます。

Img_f794953a146bc7d124772b9f558efb44
私は洋服を買うのも選ぶのもコーディネートを考えるのも苦手だ。
好きなインテリア雑貨を選んだり、部屋のレイアウトを考えるのは大好きで
何時間も時間をかける事だって、まったく苦にならないけれど
洋服を買いに行くのは億劫で仕方がない。そもそもファッションに
興味がないのが一番の原因だけれど、それでもあまりおかしな格好も
したくはないので、仕方なく、なんとか頑張って買ったりする。
最近は買い物に出かけても、店が多すぎてどこで何を買えばいいのか
さっぱりわからなくて途方に暮れる為、ネットで済ませる事も多かった。
そうすると、半分ぐらいの確率で失敗する。素材が悪すぎて
洗濯を2〜3回して破けた(←ほつれた、じゃなく「破け」たw)り
毛玉が出てきたりくったりしたりと、残念な結果に終わる事が多い。
しかも、ネットのモデルのおねいさんは似合っていても、自分には
さっぱり似合っていなかったりする残酷さ。歳も歳だしなあ。笑。
そんな悶々とした日々から脱却する為、突発的にクローゼットの大改造を
この週末に決行した。クローゼットの中身を全部出し、まずは使いにくい
ただの大容量の押し入れみたいなクローゼットのレイアウトを考える。
私の場合、何でも引き出しにたたんで収納するのが悪いのだ。
マメな人間でもないのに、しまい込んでしまってどんな服があったのかも
思い出せないまま、次に何を買えばいいのか悩んでしまうのだ。
なまじ洋服に興味がないもんだから、存在を忘れ去るのも早い早いw
そこで伸びる素材やTシャツ・デニム以外は、ほぼ吊るして収納する事に。
これで一目瞭然。あとは洋服を買うという行為を見直さないと・・・。
ネットで買うのは極力避けよう。買い物嫌いだけど、ちゃんと店舗に行って
手にとって試着して買おう。そうやって時間をかけて買った洋服は
なんだかんだ言って、使い勝手が良くて何年も重宝しているのだから。