ブログランキング・にほんブログ村へ
Img_4a291095f5962538b4f30bba9d030d11
撮影*帯広市十勝川河川敷
お盆休み、帯広の勝毎花火大会へバスツアーで行ってきました。
写真はフィナーレの「錦冠〜にしきかむろ」の様子。
明日以降、会場の様子や色々覚書とともに花火写真で更新していきます^^

Img_c2a8cc4aba26eaf5572c09c4beb8e97c
撮影*帯広市十勝川河川敷
札幌発11:00 帯広到着16:00
十勝川河川敷にはすでにたくさんの人達が場所を確保し座っていました。
とりあえず、適当に空いているスペースに入れてもらって敷物を引いて場所確保。
写真は花火の始まる1時間前ぐらいだったかな。とても良い天気で綺麗な空でした。

Img_606f33d7d2bf67238343956df0bc4bcc
撮影*帯広市十勝川河川敷
PM7:30打ち上げ開始。
今年大ヒットした「Let It Go~ありのままで~」の曲にのせて
約1時間半のショーの始まりです。

Img_e190937157994be5ee3d02fe64e10f03
撮影*帯広市十勝川河川敷
夜空に輝く2万発の花火。勝毎花火大会は、北海道最大の花火大会です。
確保した自由席は、有料席より少し右に離れた場所でしたが
それでも迫力の花火を間近で感じる事ができました。

Img_9a0c9c63c36f8f0bc1e0723a2aa1d4d0
撮影*帯広市十勝川河川敷
連発の花火の合間に、花や動物・果物などなど職人さんの作品である
芸術玉の花火も打ち上げられます。
Img_397bbcad829d6f70d7fa0e2125630d81
撮影*帯広市十勝川河川敷
大きな花火大会を鑑賞する上で、一番の心配事はトイレ。
この会場でも仮設トイレはかなりの数が用意されていましたが、20万人の観客を
考えると全然足りない。なるべく水分はとらず(^^;; ビールも我慢して花火大会に望みました。
Img_36f5b05f309de669a0724647b60b0ff5
撮影*帯広市十勝川河川敷
広い河川敷を利用して、横に並んだ連発花火がたくさん打ち上げられました。
勝毎花火大会、数年前に始めてきた時は三脚の部品を忘れて全く撮影できなかったという
苦い経験があるのですが、今回は忘れものなし(^ν^)
けれど、どこでどう打ち上げられるかまったくわからない中始まった花火は
想像よりも近い場所で打ち上げられました。思ってたより近くて感動^^

【覚書】
レンズSIGMA17-50mm・ISO感度100・F8〜F11・ホワイトバランス太陽光

Img_bcf41699a753d3ee9657211b78424c16
撮影*帯広市十勝川河川敷
なんだか同じような写真ばかりになってしまうので、ちょっと変わったモノを・・・。
大きな線香花火みたいだと思った一枚。
去年、豊平川で撮影した花火大会会場は街中という事もあってネオンなどで
周りも少し明るい感じでした。その時と同じ設定で挑んだのが間違いでして、
今回ほとんどが暗く写ってしまったのが反省点´д` ; 
勝毎花火は周りが暗かったのでちょっと地味な感じになってしまったなー。

Img_55aaced04c7561f9718d372a97dc5d4c
撮影*帯広市十勝川河川敷
今回参加した勝毎花火バスツアーですが、
私達のツアー会社だけでも全部で15台のバスが出たそうです。
会場は大混雑でしたが、意外にも行き帰りの道は多少のつまりはあったものの
大きな渋滞に巻き込まれる事もなく、スムーズに往復できました。
札幌に帰ってきたのは夜中の2時半。
弾丸日帰りツアーですが、感動の花火大会ですので是非おすすめしま^^
Img_13af5cf26108a2bb4fd447d38d106c5e
撮影*帯広市十勝川河川敷
真夏の夜空を彩る花火。
誰が最初に考え出したのだろうとふと思ってWikiで調べてみたら
最初の使用があまり定かではないと書いてましたw
Img_82be97b77c261348f7cde9925182c5ca
撮影*帯広市十勝川河川敷
勝毎花火大会のフィナーレは、約10分間ノンストップで打ち上げ花火が
夜空を埋め尽くし、最後は錦冠(にしきかむろ)という長く金色に垂れ下がる
特徴のある美しい花火がフィナーレを飾ります。写真は錦冠なのですが、
ホワイトバランスを太陽光にしていた為赤っぽくなっちゃいました(^^;;
本当は金色なのですよ・・・。
長々とひっぱりましたが花火写真はこれで終了です^^
Img_fe8a377df8053257a4bc61690a3e96f1
撮影*安平町 鶴の湯温泉
北海道は真夏の暑さもやわらぎ、秋へ向かっているようです。
夏の最後、今年も蓮の撮影に行ってきました。
見頃は過ぎてしまったのか、まだ少し早かったのか花の数は少なかったのですが
今年も変わらず素敵な花に癒されてきました^^
Img_93bef3c4d0ad92be120989b3ef94072f
撮影*安平町 鶴の湯温泉
心配していた雨も当日の撮影時には上がっており、時々日が射してくれました。
蓮は雨でも絵になるんですけどね^^
Img_5ee3ed92dc76c1162a1e782d3e415130
撮影*安平町 鶴の湯温泉
まるで、「よしよし・・・」と受け止めているように見えました。
蓮の花って、時々ひとの姿のように見えますね。
Img_c4946ce200a8076a4ece82d7bae7599b
撮影*安平町 鶴の湯温泉
今年も鶴の湯温泉のアヒルに会えました^^
お昼寝中だったのですが、右の子は相当眠かったのか
人間のようにこっくりこっくりと頭が上下していておかしかったです(笑)
Img_995fa6a463e4ac6ed1a54b6824116a6e
撮影*安平町 鶴の湯温泉
蓮は泥より出でて泥に染まらず。
泥から這い上がって咲く蓮だけれど、その姿は美しく泥に染まる事はない。
色々解釈の仕方はあると思いますが、この言葉がとても好きです。

写真は池が赤く染まっていますが、これは鶴の湯温泉の赤い屋根が反射している為です^^

Img_1fc100784a337b41db1df3d3aaa68a36
撮影*安平町 鶴の湯温泉
不安定な天気でしたが、時々日が射して葉に影が落ちていました。
去年は雨の中の撮影でしたが、今年はくもり時々晴れの天気の中の撮影となりました。
Img_1b4fa814a69bf038b925af740af6038f
撮影*安平町 鶴の湯温泉
ちょっとホワイトバランスを変えて撮ってみました。

今年も蓮を見る事ができてよかった。花の撮影はほとんどが年に一度のチャンス。
蓮の花の撮影も、また来年まで楽しみに待ちます^^